読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんのトラブルクレーム対策~歯科医院~

日々の診療で患者さんとトラブルになった時、なりそうな時の対策ブログです

民事不介入 から 被害届を出せる状況への持って行き方。

患者さんとトラブルになった場合、

身の危険を感じる事も多々あります。

 

私も「若い衆を連れて行くぞ!」とすごまれて

その後警察沙汰になった時 相手に警察が その言葉について問いただしたところ

 

「先生の治療が丁寧なので若い仲間にあの歯科医院へ行けという意味でした」

 

と、訳の分からないことを言われたそうです。。。。。

言われた方は 身の危険を感じます。

大抵、若い衆を連れて行くと言っても 実際に来る人は殆どいません。

特に、本当の当たりやは 電話など遠隔でなんとかしようとしてきます。

 

自分がマークされているのを知っているからです。

乗り込んだら自分の身が危険だから。

 

警察へ「患者さんとトラブルになって困っています」と言っても

最初は

民事不介入なので自分達双方で納めてください

 

と言われます。絶対。

何か事件が起きてからでないと警察は動きません。ボディーガードではないのです。

 

最初は先生方も動揺しているので どうしたらいいのか、

自分が悪かったのか、どうなるのか、とパニックになると思います。

 

そこで、一息ついていただいて、

①証拠集め

電話の録音 かかってきた電話の記録 回数 対応 をメモすること。

今は録音できますので 録音機は必須アイテムです。

言った言わないのやり取りに終始しますし

異常な内容、業務内外の異常な電話回数などは

営業妨害も適応される場合が多いです。

まずはそこから被害届を出しましょう。

 

②脅し文句を検証する

若い衆を連れて行くぞ →いつでしょうか。どのような方々でしょうかと

            冷静に聞いてあげてください。

誠意を見せろ →誠意とはどのように見せればいいのでしょうか?

        わからないので教えてください。そうすれば対応できますで

        とにかく通す。

        自分で考えろ!と絶対に言われますので

        この対応も私たちなりの誠意です。と言う。

        金額を言われたらラッキー。

       恐喝罪で逮捕できます。